ソウルシャイン
プロフィール
ライブスケジュール
過去のライブ記録
ブログ
ディスコグラフィ
通販案内
試聴 スライドショー

YouTubeへリンク
リンク集
お問い合わせ
trashへリンク

  プロフィール

きとう・けいご 
1961年横浜生まれ。10代の頃より地元京浜地区を中心にいくつものバンド活動を経験する。

88年にCBSソニーよりデビュー。その後、いくつかのバンド、事務所を経て、アコースティック、
R&Rバンドと様々なスタイルにありながらも、一貫してその圧倒的な声の存在感と詩の世界を持ち続け、
常にフロントに立ち歌い続ける。

93年、その後8年間活動を共にする「THE HARLEM」の前身となるバンド「鬼頭径五&THE HARVEST」結成。
東京・横浜での定期的なライブ、ツアー・イベント出演等、東名阪を中心に精力的にライブ活動を行う。
99年アルバムリリース。
01年4月、「THE HARLEM」解散。

同年9月より、ロックイベント[THE NIGHTS!]を開催。03年4月まで8回にわたって行う。
以後はソロとして弾き語りのライブを行うとともに、長年の盟友平和夫率いるSAME OLD HEAVYZとの
バンドセットでの活動も始め、04年には「ケイゴ・ウィズ・ヘヴィーズ」名義で3曲入りの自主制作盤も発表。

06年6月、弾き語りスタイルでは3作目となる『朱にピンクに銀のハンチング』発表。

07年よりベース、ドラムスを加えた3ピースでのライブを始める。
同年12月には本多慶舟(B)、堀江睦男(D)との3人で「LOVE&PEACE TOUR」を敢行。

08年は東京、横浜、愛知、大阪等での定期的なライブ活動とともに、
自身のプロデュースによるイベント[路地裏ダイヤモンズ興行]も開催。
5月よりバンドに宮城司(G)が加わり、ソロ活動と並行しバンドも本格的に始動。
9月より、バンド名を[Soulshine(ソウルシャイン)]とし、3曲入りCD-R「Aga-King#1」をライブ会場で発売。
12月 3曲入りCD-R「Aga-King#2」をライブ会場で発売。
09年4月 3曲入りCD-R「Aga-King#3」をライブ会場で発売。
12月 3曲入りCD-R「Aga-King#4」をライブ会場で発売。

2010年2月 鬼頭径五と弦楽四重奏団「moment String Qurtet」とのコラボレーションという企画で、
銀座アップルストアにてライブ。かなり好評を博す。
4月のSoulshineツアーを最後に、Drumsの堀江が脱退。

2011年1月13日 Soulshineに新Drumsとして、伊藤孝喜(Soul Flower Union/コプチャンチョンゴル(韓国)etc. )加入。
2月 新横浜、名古屋、大阪、松阪に新生Soulshineとしての初遠征。
3月 高円寺の老舗ライブハウスJIROKICHIでのライブを月一度のペースで始める。
7月 アルバムの制作に入る。
10月30日 ファーストミニアルバム「Naked Shine」リリース。
東京/京都/徳山/広島/博多/松阪/名古屋/岡山/大阪へのリリースツアー。
松阪M'AXAでのライブは公開録音ライブとなる。

2012年1月27日 ソウル・弘大「Strange Fruits」にてライブ。「コプチャンチョンゴル」と共演。
4月12日 ライブアルバム「R&R MEETING」リリース。
前年の11月13日に松阪M'AXAで行われたライブをパッケージした初のライブアルバム。
10月 ドラムの伊藤孝喜、年内での脱退を発表。
12月23日 高円寺JIROKICHIにて「鬼が笑う夜 2012〜伊藤孝喜壮行会」

2013年 新ドラマーにロジャー高橋を迎える。
12月 高円寺JIROKICHIにてワンマンライブ「鬼が笑う夜2013」。
ゲストに中山努(ピアノ&オルガン)、渡辺隆雄(トランペット)を迎える。
JIROKICHIをホームにしながらも、関西〜九州までの西へ向けてのツアー。
バンドの活動と並行して「Natural Trip」と名付けたソロツアーにも出かける。

2014年11月 ロジャー高橋脱退。
12月28日 高円寺JIROKICHIにてワンマンライブ「鬼が笑う夜2014」。
サポートドラマーに伊藤孝喜、ゲストに中山努を迎える。
このライブをもって本多慶舟(ベース)脱退、バンドは活動休止に入る。

12月30日 ひとりスタジオに入り、ソロアルバムのレコーディングを始める。

2015年2月11日 ソロアルバム『Soulshine』発売。 サポートギタリストに元プロペラの千井塔子が参加している。
リリースツアーを精力的に行う。4月の名古屋/大阪公演には、千井塔子も参加。
リリースツアーファイナルは鬼頭の地元・川崎にてワンマンライブ。
最終日のスペシャル企画として自身初の投げ銭ライブ となり、大盛況のうちに終える。
ほぼ毎月のペースで下北沢lownにて「アリエナイウタ」と名付けたライブを行う。
毎回、自ら声をかけた共演者とのライブはセッションも含め、好評を博している。


【鬼頭径五リリースアルバム】
『BLACK BOOTS』(88年/CBSソニー)
『LOW DOWN GAMBLER』(88年/CBSソニー)
『SOLO SOLO』(90年/トランジスターレコード)
『アネモネ』(92年/VIVID SOUND)
『Keigo&The Harlem』(99年/MEASURE LABEL)
『野良犬』(03年/自主制作CD-R)
『Keigo with HEAVYZ』(04年/自主制作CD-R)
『Stroker』(05年/自主制作CD-R)
『朱にピンクに銀のハンチング』(06年/自主制作CD-R)
『Naked Shine』/Soulshine(11年/KASEKI HOUSE)
『R&R Meeting』/Soulshine(12年/KASEKI HOUSE)
『Soulshine』(15年/KASEKI HOUSE)